パソコンのプロショップ「パソコン工房」

ソニーストア




2007年07月23日

ハローキティ ロボット

 世の中にはいろんなモノが存在するハローキティ関連商品ですが、なんと驚いたことにロボットまで存在していたようです。

 このハローキティロボットは、2004年に「ロボット開発メーカーのビジネスデザイン研究所」、「NECシステムテクノロジー」と「フタバ産業」が協力して生み出した代物とのことで、本体には音声認識マイク・ステレオCMOSマイクセンサーカメラ・超音波センサー・持ち上げセンサーなどを搭載しており、人物の顔を覚えて名前を呼んだり、いろいろな話をするほか、頭をなでたり、持ち上げたりすると反応するとのこと。また、そのほか頭や腕をクルクル動かしたりもするそうです。

ちなみに気になる価格はリンク先のI4U Newsによると、6,299.99ドルと非常に高価ですが、日本だとわずか45万円と、非常にリーズナブル(ヲイ)な価格で購入することができます。

このロボットの存在をまだ知らなかったキティファンの方、この機会に1台如何ですか?

■リンク
 I4U News
 サンリオ楽天市場店 ハローキティロボット


 
posted by お調子者 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

家庭用ロボット「Chapit」

家庭用ロボット「Chapit」  なんでも株式会社レイトロンは、日常生活の手助けをしてくれる「Chapit」という名前のコミュニケーションロボットを公開したとのことです。

 この「Chapit」は、ライトを点けてくれたり、テレビやエアコンなどの電化製品を点けてくれるほか、話しかけると動作つきで返事をしてくれるとのこと。また、登録しなくても子供や男性・女性を識別してくれるとのことで、現在のベースモデルは100単語を認識して会話をすることができるようですが、最大10,000語まで登録することが可能とのことです。またそのほか、インターネット回線からの遠隔操作も可能とのこと。

なかなか良さそうなロボットですけど、まだ鉄腕アトムではないようですねぇ。んでも、この「Chapit」と話をしてると癒されるのかな?だったら1台欲しいような気がしないでもないですねぇ (´Д`;)

■リンク
 Akihabara News


ご協力を→人気ブログランキングへ m(_ _)m  ご一緒に→にほんブログ村 ネットブログへ (*_ _)人

 人気ブログランキング にほんブログ村 ネットブログ

posted by お調子者 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

自家製のスター・ウォーズAT-STライクなロボット

MiniMechadon  このまるで「スター・ウォーズ」に登場するAT-STのようなロボットは、組立キットとかではなく、完全手作りという素晴らしい逸品です。

 このロボットの骨組みの大部分は真鍮製のチューブを小さなペンシル・トーチを使って溶接して組み立てられており、足の部分の配線はチューブの中を通すことにより、見えないようにしてあります。またセンサー類は4つのタッチセンサーと、4つの光導電セル(Cds)フォト検知器を備えているようで、ロボット全体の重さは12オンス(約340g)とのことです。

ちなみに現時点で、機械系と電子系のハードウェアは完成していて、基本的な歩行のためのテストコードによるプログラムで動くようです。んで、最終的にはロボットが歩くことを自分で学ぶことができるように、学習アルゴリズムを使って動かすってことのようです。

って、こんなロボットを一から全部自分で設計して、思い通りに動かせたら楽しいでしょうねぇ!!まぁ、アッシには絶対無理でしょうけどねぇ(´-ω-`)

■リンク
 Mike Smyth's MiniMechadon Page
 MAKE Blogより。


ご協力を→人気ブログランキングへ m(_ _)m  ご一緒に→にほんブログ村 ネットブログへ (*_ _)人

 人気ブログランキング にほんブログ村 ネットブログ

posted by お調子者 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

歌う「エルヴィス・プレスリー」ロボット

 コレはCES 2007に展示されてあった、歌う「エルビス・プレスリー」のロボットで、Wowweeのブースにあったとのこと。ただし、肩のあたりから上だけしかないので、ちょっと不気味かも。

■ソース
 ubergizmo.com


ご協力を→人気ブログランキングへ m(_ _)m  ご一緒に→にほんブログ村 ネットブログへ (*_ _)人

posted by お調子者 at 16:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

歌って踊る、「お掃除ロボットRoomba」

Roombas Go Caroling

 このサンタさんの帽子を被っているのは、あの有名な「お掃除ロボットRoomba」です。 んで、このRoombaがなにをするかというと、なんと歌って(曲を演奏して)踊ります。

なんでも、このRoombaのハックには「RoombaMidi2」とかいうMac OS X用の小さなプログラムを使っているようです。ってか、これから紹介するビデオは「RoombaMidi2」のデモビデオです。

まぁ早い話が、このプログラムを使ってRoombaをMIDI音源にして・・・って技術的な内容より、アッシらは純粋に映像を見て楽しみましょうよ!

ってことで、ビデオをどうぞ。
ビデオを見る
posted by お調子者 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

「Nokia 770」を搭載した「子犬ロボット」

Nokia 770 Puppy Bot  この子犬ロボットは、ヘッドにノキアのLinux搭載、無線インターネット接続端末「Nokia 770」を採用したお手製のロボットで、もう一台の「Nokia 770」を使ってBlutoothにより、子犬ロボットをコントロールします。

 んで、顔の部分が「Nokia 770」の液晶ディスプレイになってますから、瞬きをしたり、表情が変わったりなんかもします。 ってか、顔がディスプレイだからか、表情が非常に愛らしいし、 それ以外に全体的な動きも可愛いんですよねぇ。

ってか、実際に見てもらった方が良いかと思いますので、ビデオをどうぞ。

ご協力を→人気ブログランキングへ m(_ _)m  ご一緒に→にほんブログ村 ネットブログへ (*_ _)人
ビデオを見る
posted by お調子者 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ボールを打つ「バッターロボット」

Baseball Batting Robot  このロボットは「Robocross.de」の中の人が作成した、ピッチャーが投げたボールを打つ「バッター・ロボット」です。

 詳細については不明な部分も多いんですけど、この「バッター・ロボット」は、ボールを打つため、速い?スイング行う3種類の動きを持っているそうです。

まぁ、ニューヨーク・ヤンキースの松井氏ほどのスゴいスイングができるワケではありませんし、大きなホームランを打つワケでもありませんが、それでも巧みにバットにボールを当てています。

ってことで、デモンストレーションを行っているビデオをどうぞ。
ビデオを見る
posted by お調子者 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

なんでもできるエンターテイメント・ロボット「Sarcoman」

Entertainment Robot Sarcoman  ともかく、このSarcos Roboticsが開発したハイパフォーマンス・ヒューマノイドロボット「Sarcoman」はスゴいロボットです。 この「Sarcoman」は、クールに見えるだけではなく、ダンスをするほか、パドルボールもしますし、そのほかボールを使ってジャグリングをしたり、なんと人間相手にエアホッケーまでやっちゃいます。

って、色々書くよりビデオをどうぞ。
ビデオを見る
posted by お調子者 at 19:21| Comment(1) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

人型ルービックキューブ・ロボット「RuBot II」

RuBot II  この、逆立ちしながら薄目を明けて無理やり見たら 「C3-PO」 に見えないこともないロボットは、アイルランド・ダブリンにお住まいの「Pete Redmond氏」の作品で「RuBot II」という、バラバラのルービックキューブを完成させてくれるロボットです。

 この「RuBot II」は、自分の身体に付属している台の上に置かれた、バラバラのルービックキューブを、自分で手に取り、頭に備えてあるカメラでスキャンし、その後最大50秒以下でルービックキューブの6面全てを揃えることができるというロボットです。そしてなにより素晴らしいのは「キューブをバラバラにしてくださいませ。」と頼んだり、バラバラにしたキューブをテーブルに置くと「アリガトウ」としゃべってくれるということです。

ただ残念なことに、身体が硬いからか、運動不足で身体がなまっているからなのか、関節がポキポキいうのがちょっとウルサイですねぇ。

ってことで、ビデオがありますのでどうぞ。
ビデオを見る
posted by お調子者 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

松下電器、片腕が不自由な人のリハビリを支援するロボットを公開

Panasonic Rear Live support suite

 松下電器産業は、片腕が不自由な人のリハビリを支援するロボットを開発し、その試作品をCEATEC JAPANで公開したとのこと。

 このロボットは、自由に動く方の腕に取り付けたセンサーが、筋肉の動きや圧力を感知し、反対の腕に装着したチューブ製の人工筋肉を通じ、空気圧で同じ動きを伝えるという代物とのことです。 
動作模様のビデオがあります。
posted by お調子者 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

表情豊かで知的なロボット「Quasi」

Quasi - The Intelligent Robot

 このロボットは「Quasi」と言い、カーネギー・メロン大学のエンターテイメントテクノロジーセンターの学生たちによって開発されたとのこと。

 この「Quasi」の特徴としては、優れた革新的な行動コントロールシステムを持ち、非常に表情が豊かで、そしてインテリジェントなロボットとのことです。

ってことで、実際に会話のやりとりをしているビデオがありますので、どうぞ。

ビデオを見る
posted by お調子者 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

人型二足歩行ロボット「nuvo」が米国で人気!?

ZMP NUVO  2005年4月より、日本での販売を開始した株式会社ZMP(最近では自律移動ネットワークミュージックプレーヤー「miuro(ミューロ)」をリリースした会社です。)の2足歩行ロボット「NUVO」ですが、米国で大変な反響があるような、反響がないような・・・んでもやっぱり反響があるようです。

 というのも、独身者がだれもいないアパートに帰りついた時の寂しさを慰めてくれるだとか、高齢者のパートナーとして、呼びかけによってモーションやサウンドで応えるという癒し関連とか、インターネットを経由して、不在の時にあなたの部屋の様子を携帯電話で見ることができるなど、ロボットの居る生活が楽しめるっからってことのようですねぇ。

ちなみに価格は米国向けは7,000ドル(約82万円)で、国内向けモデルは58万8,000円という風に高価ですので、アッシのような貧乏人には簡単に手を出せる代物ではないですけど、それでもロボットの居る生活ってのを一度味わってみたいですねぇ。

それと、ついでですけど、ジャンプ後に「NUVO」が実際に動いているビデオがありますので、興味のある方はどうぞ。
ビデオを見る
posted by お調子者 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(1) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

迷路で消火作業ができる自立型ロボット

Fire Fighting Robot  この丸い形をしたヤツは、Milwaukee School of Engineering(MSOE)の学生たちが作成した「AIME」というロボットで、「international fire fighting competition」という、迷路の中に置いてあるロウソクの火を自分で見つけ、その火をいかに短いタイムで消せるかを競うという競技に2003年に出場し、みごと2位を獲得した(ミニ扇風機付)完全自立型移動ロボットとのことです。

 この「AIME」は多数のオブジェクト指向マイクロコントローラーと、赤外線センサー・超音波センサーを使い、迷路の中を障害物や壁にぶつからずに移動でき、ローソクの火を見つけ、その火を消すことができるようです。

ってことで、実際にこのロボットが動いているビデオがありますのでどうぞ。

ビデオを見る
ラベル:ロボット 自立型
posted by お調子者 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

魚が操縦するロボット・自動車!?

Terranaut  この金魚鉢のように見えるモノは「Seth Weiner氏」のアート・プロジェクトで「Terranaut」と呼ばれるロボット・自動車?です。

 この「Terranaut」の面白いところは、金魚鉢の中にいる魚の動きによってこの「Terranaut」操縦されるようで、 なんでもタンクの上に備え付けられたカメラが、魚の動きを追跡し、そして魚が進んだ方向の情報をのコンピュータへと伝え、それによって「Terranaut」が動くってことのようです。ってことですので、魚がとんでもない方向へ行こうとすると、コイツもとんでもないところへ行こうとするんでしょうけど、なにしろスピードも遅いし、タンクも小さいため、ムチャクチャとんでもないところへは行けなさそうですねぇ。

ってことで、実際に動いているビデオをどうぞ

クリックのご協力を→人気ブログランキングへ コチラもお願いします→にほんブログ村 ネットブログへ

ビデオを見る
ラベル: ロボット
posted by お調子者 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

新「ルービックキューブ・ロボット」

The Rubik Cube Robot System  以前に紹介した、バラバラのルービックキューブの6面全てを揃える「ルービックキューブ・ロボット」は、既にロボットにルービックキューブがセットされていて、揃え始めからのスタートというビデオでしたので、「ひょっとしてロボットがルービックキューブをバラバラにして、そのステップを逆にたどったんじゃないか?」という疑問が出るような代物でした。 ですので今回こそは、本当にタネも仕掛けもない「ルービックキューブ・ロボット」を紹介します。

 この「ルービックキューブ・ロボット」はオーストラリアのカリンティア大学に在籍する応用科学を専攻する5人の学生が開発したシステムで、カメラによって写された画像のそれぞれの色を検出解析し、2分以内にルービックキューブを完成させるアルゴリズムを考え出したとのこと。

ってことで、今回はバラバラのルービックキューブを、人間の手でロボットにセットするところからスタートするビデオとなっていますのでどうぞご覧ください。(ただし、前回のロボットよりは遅いです。)

クリックのご協力を→人気ブログランキングへ コチラもお願いします→にほんブログ村 ネットブログへ
ビデオを見る
posted by お調子者 at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

AI(人工知能)搭載の恐竜型ロボット『ロボザウルス NEO(ネオ)』

『ロボザウルス NEO(ネオ)』

 日本トイザらス株式会社では、2005年10月より同社が国内独占販売を開始して大ヒット商品となった、AI(人工知能)搭載の恐竜型ロボット『ロボザウルス-TR441J』がさらに進化した恐竜型ロボット『ロボザウルス NEO(ネオ)』を、2006年9月15日(金)より全国のトイザらス店舗および、トイザらス・オンラインショッピングサイトにおいて国内独占販売を開始することを発表しました。価格は税込み9,999円とのこと。

続きを読む
posted by お調子者 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

自律移動ネットワークミュージックプレーヤー「miuro(ミューロ)」

ZMP miuro

 この株式会社ZMPが開発したロボット・ネットワーク音楽プレーヤー「miuro(ミューロ)」ってヤツもアッシの物欲をくすぐる製品ですねぇ。
続きを読む
posted by お調子者 at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

似顔絵を描くロボット

Autoportrait - Robot Painter  MITの学生である、「Jessica Banks」さんと「Daniel Paluska」さんは、ロボットアームとコンピュータを使用して、なんと似顔絵を描くロボットを開発したとのことです。

 このロボット・アーティストはまず、モデルの顔にロボットが搭載しているカメラ・アイを暫らく固定します。そしてその後、名人級ともいえる筆裁き?で似顔絵を描いていきます。またその似顔絵のイメージは個別で、予想ができないとのことです。

ただ、残念ながら完成したその絵は本人にあげるワケではなく、そのロボット自身によって、白くぬりつぶされてしまいます(何のために描いたんだか・・・・・)

ってことで、そのビデオがありますので、興味のある方はどうぞ。

クリックのご協力を→人気ブログランキングへ コチラもお願いします→にほんブログ村 ネットブログへ

ビデオを見る
posted by お調子者 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

ボールの上で、自分でバランスをとるロボット

Ballbot  アッシはこれまで様々なロボットを紹介してきました。そしてそれらのロボットは何らかの動きなどを特徴としてきました。

 この「Ballbot」は1個のボールの上で、ゆっくりと動いたり止まったままでいたり、また押されてもバランスをくずさないという、自分自身でバランスをとることができるロボットです。 んで、この「Ballbot」は人々と相互に作用するような新しい方法として、カーネギー・メロン大学の研究者によって開発されたとのことです。

 たいていのロボットは動き回るために広いスペースを必要としますが、この「Ballbot」は、平面であれば、ゆっくりバランスをとりながらそれほどスペースを必要としないで、動くことが可能のようですので、将来的にはパーティで、テーブルや人にぶつからないで飲みものを持っていくことや、また病人を揺らさずゆっくりと移動させることも可能になるのではないでしょうか。

んと、実際にどんな動きをするか、ビデオがありますのでどうぞ。

クリックのご協力を→人気ブログランキングへ コチラもお願いします→にほんブログ村 ネットブログへ

ビデオを見る
posted by お調子者 at 11:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

小型二足歩行ロボット「チョロメテ」の予約販売を開始

HRP-2m Choromet  ゼネラルロボティックス株式会社では、5月25日に試作機を発表した小型二足歩行ロボットHRP-2m Choromet(チョロメテ)の製品版の発売準備が整ったとのことで、予約注文の受付を開始したとのことです。初期ロットは50台で、価格は498,750円とのことで、出荷は9月中旬の予定とのことです。

 このチョロメテは、産総研からの技術移転を受けた、ゼネラルロボティックス株式会社、株式会社ムービングアイ、有限会社ピルクス・ロボティクス、株式会社大日本技研らの4社で共同開発された、高さ35cm・重量1.2kgで、20自由度を有している小型二足歩行ロボットで、足部に3軸力センサ、胴体部に加速度センサ・ジャイロを搭載し、コントローラとしては産総研で開発した実時間Linux(ARTLINUX)が稼動する小型省電力コントローラを搭載しているとのこと。また、同様に産総研で開発したヒューマノイドロボット基盤ソフトウェアがこの上で稼動するとのことです。

まぁ詳しい情報については製品情報ページを見てもらうとして、ほかのロボットと違って中々カッコイイ外観で、それこそ「なんとか戦隊××」とかにでてきそうなロボットですよねぇ。 んでも元々はピルクスさんのPirkus・R Type-01がベースらしいですけど、よくここまでカッコよくなったもんですねぇ。いやぁ、現在のテクノロジーってスゴいですねぇ。

■ソース
 RobotWatch
 製品情報(予約もコチラから)


ご協力を→人気ブログランキング みなさんのクリックが毎日の励みになります。 m(_ _)m

ご一緒に→にほんブログ村 ネットブログへ こちらも宜しかったらクリック(*_ _)人 オネガイシマス


posted by お調子者 at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ロボット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。