パソコンのプロショップ「パソコン工房」

ソニーストア




2007年10月27日

既存のメタル回線で、インターネットの通信速度が250Mbpsに!!

EtherNetイメージ  日本では少しずつではありますが、ADSLから光回線へとインターネット回線が切り替わってきているのではないでしょうか?しかし、メタル回線も侮れないようです。

 なんでも、メルボルン大学の研究員である、John Papandriopoulos博士は、インターネット速度を遅くする干渉を減らし、既存の電話回線(銅線)で、250Mbpsの速度を出すことができるという技術の特許出願書を合衆国とオーストラリアで提出したとのことです。

 しかも面白いことに、その技術はソフトウェアベースとのことで、既存のモデムにインストールするか、モデムを交換するのと共に、電話交換機の終端に導入することによって実現されるようです。 そしてJohn Papandriopoulos博士は、その技術が2〜3年以内に利用可能になる見込みであるとしているようです。

もしこの技術が普及すれば、人口が少なく光回線の利用率が見込めないため、光ファイバーが開通しない地域でも、超高速なブロードバンド環境が整うでしょうから、様々なコンテンツを楽しむことができそうですねぇ。

って、ちなみに上りの速度も速くなったり、リンク切れも起こりにくくなったりするんだろうか?

■リンク
 gizmag


posted by お調子者 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT・PC関連




トラックバックについて

基本的に、記事に関連するトラックバックはOKです。(コメントもOK。)
その場合はコチラからもトラックバックを返させて頂く場合がありますので、ご了承下さい。

但し、アダルト系・全く記事に関係のないトラックバック(コメント)及び管理人が記事に関連がないと判断したトラックバック、コメントは削除しますのでご了承をお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/62695389
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。